So-net無料ブログ作成

テラスハウスのだいきがせいなにあげるI LOVE YOUワイン銘柄発表 [だいき]

テラスハウスのだいきが、せいなにあげる予定のI LOVE YOUボトルのワイン銘柄を調べました!
クロ・デュ・ヴァル・カーネロス・クラシック ピノ・ノワールの2005年の限定版です。
[スポンサーリンク]




だいきはせいなに、2回目のデートで告白予定です。
その時に、あげる予定のワインが、ボトルに I LOVE YOUって書いてあって、かわいいんです。

ボトルデザインは、これです。
だいきのワイン.pngだいきのワイン

これは、クロ・デュ・ヴァル・カーネロス・クラシック ピノ・ノワールという銘柄です。
アメリカのカリフォルニア産のワインで、この銘柄自体は、5000円前後のワインですが、だいきがせいなに用意しているワインは、2005年の限定版で、このボトルがなにしろかわいい!

ワインアップ.pngI LOVE YOU

ねだんは7000円弱。
だけれど、もともと限定版で、日本での販売数が、超限られていて、超入手困難だそうです。
超レアもの。

だいき、すっごく頑張ったんだね。かわいいと思いませんか?
ワインとかで、張りきって、20歳の子が、何万もするフランスものをプレゼントするんじゃなくて、値段は7000円もしないカリフォルニアワインだけど、ボトルが超可愛くって、超レアもので、I LOVE YOUってかいてあるなんて、はっきり言って、100点満点のセンスです。

だいきは、こういうところが、超かわいいんですけど。

[スポンサーリンク]




だいきが、せいなに2回目のデートを申し込みに行くシーンが、またしてもかわいいです。
「足なおったらデート行こうっていってたじゃん。足なおったんで。」って、デート申しこんで、せいなが、うん、っていってから、だいきは、そのまま、お部屋でようとします。
でも、また、ちょっと振り返って、5秒くらい考えるんだけど、何も特に話すこともなくて、ウーッスみたいなかんじで、帰りました。
テラスハウスのスタジオメンバー全員から、だいき、かわいい~という声が上がりました。
YOUとか、女の子だけじゃなくて、徳井さんや山ちゃんも含めて男性陣からも、かわいい~っていう声が出ました。

だいきの、せいなさんと、まだちょっとなんか話したいんだけれど、なんて話していいかわかんなくって、でもまだちょっと話したいみたいな、もじもじ感がかわいいです。
自信がない、もじもじ感じゃなくって、自信満々なんだけれど、大好きな気持ちから出ちゃうもじもじ感が、若いあどけないイケメンからでているので、かわいさが最高です。
ワインボトルが、I LOVE YOUなんて、人によっては、鳥肌たつくらいイタイかんじになっちゃうかもしれないけれど、だいきがやると、いいです。
だいきの、女慣れしているくせに、あどけないかんじっていうのは、天性だと思います。

だいきがせいなにあげるワインは超かわいい。
だいきのセンスは、100点満点。

[スポンサーリンク]




【その他の人気記事】

だいきがせいなに告白した時の海辺のカフェはここ!

【【【 最新ネタバレ!だいきとせいなのキス来たーーーーっ!!】】】

テラスハウスのだいきの告白をせいなが保留するらしい!! 

テラスハウスのけんけんは番組終了後、みちこに振られると思う

9月22日のテラスハウスyoutube動画

テラスハウスの9月15日の動画で、みちことりょうちゃんが。。

テラスハウスのみちこのハーフブラジリアン水着どこで買えるの?デザインかわいい。

テラスハウスのだいきとせいなが付き合うことに

だいきがせいなに告白するときキスあり?

テラスハウスをてっちゃんは最後に卒業する去り方で決定 

【速報】テラスハウスのけんけんとみちこの告白結果 [みちこ]

テラスハウスのみちこは、だいきが好きなんだと思う 

テラスハウス伊東大輝のFacebookとTwitter。7月28日登場の新メンバー

テラスハウス終了後、次の番組は?

しあわせワイン倶楽部さんのサイトから引用した、このクロ・デュ・ヴァル クラシック カーネロス ピノノワールという銘柄の説明は、下記のとおりです。(引用)

1970年、ジョン・ゴレは、「世界最高のワインを作る」ための新天地を見つけるために、ボルドー出身のワインメーカー、ベルナール・ポーテを候補地の調査に送り出しました。
2年後、5大陸を歩き回ったポーテはカリフォルニアのナパヴァレーを“その地”に選びました。
―1つはボルドーの品種のためのスタッグスリープ地区、そしてもう1つはピノ・ノワールとシャルドネのための幾分冷涼なカーネロス地区。
ナパヴァレーは地中海性気候の土地であること、また比類稀なマイクロ・クライメートであること、そして一日の気温差が大きいという、ぶどう作りにはまさに理想的な気候条件がそこにはあったのです。
ベルナール・ポーテのワイン造りのフィロソフィーは、「ナパヴァレーの傑出した果実味」と「ヨーロッパ伝統の手法の融合」を目指すことにあります。
こうしてナパヴァレーで最高のぶどうを得たポーテは、今日「クロ・デュ・ヴァルのワインスタイル」として知られる“バランス、エレガントさ、複雑さ、そして長い余韻”を表現した“エステート・スタイル”ワインを生み出し、クロ・デュ・ヴァルの設立のモットーである、「世界最高のワイン」を造る挑戦を開始したのです。
ワイナリー設立当初からその傑出した品質は高い評価を受けてきました。
1976年パリ・テイスティングに、カリフォルニアから出品された5本のうちの1本として、クロ・デュ・ヴァルの初のヴィンテージであるカベルネ・ソーヴィニヨン1972年が選ばれたのは、有名な話として語り継がれています。また、その10年後のリターンマッチでは、その同じカベルネ・ソーヴィニヨン1972年が、10年の熟成を経て見事優勝し、更に評価を高めることとなりましたポーテに始まったクロ・デュ・ヴァルの挑戦はジョン・クルーズに受け継がれ、終ることなくこれからもさらに続いていきます。


共通テーマ:恋愛・結婚