So-net無料ブログ作成

木嶋佳苗が結婚!お相手は新潮社デスクの夫!? [テラスハウス以外の話]

木嶋佳苗は2017年5月に死刑確定しているので、こういう場合には、さん付けをしないで呼び捨てにして書くのが普通なのかと思いますが、そこにためらいを持たせるような雰囲気がある。不思議な力?魅力?を持っている彼女は、今回、獄中で3度目の結婚に至った。亡くなった方が複数いる犯罪事件の犯人とされている人なので、あまり軽々しくおちゃらけて書くことではないが、今回は、そのこととは全く別に、「男の人は、どこまで仕事(立身出世)の為に、疑似恋愛ができるか」というテーマで雑談したいと思います。なぜかというと、その部分と、リアル恋愛番組のテラスハウスと共通する部分もあるかもしれないので。
[スポンサーリンク]

木嶋佳苗が獄中にいながらにして3度目の結婚を成し遂げたのは彼女の魔性のせいだと騒がれているけれど、本当にそうだろうか。そんなことより、単純に男の人は立身出世のためになら、何でもできるということなんじゃないかな。一部の特別に野心が強い人が、というわけではなくて、日常私たちのまわりにいる普通の男の人々の多くが、仕事や立身出世の為なら、結構迷わず何でもできるということなんではないかなと思いました。確かに木嶋佳苗は確かに普通の人がもっていない魅力をもっているのだと思いますし、この新潮社のデスクさんが、全く感情ゼロ0で、打算10で結婚に至ったわけではないと思います。でも、打算95%くらいはあるんじゃないかなと思いました。
kijima.png
死刑が確定して他人のままでは面会しにくいので結婚して家族になって面会して、取材し続けたり、今後自分だけが知りうるこの注目度の高い稀な才能(??的な何か)を持った女性の記事で一本、仕事を立てることができます。
若い女の人がいい生活をしたくて好きでないおじいちゃん(例 紀州のドンファン)と結婚する打算的な選択は、世の中で当たり前だし、それは世の中的に、正しいとも認識されている生き方で、通常幸せになる確率も高そうです。
そういうのは、女の人の方だと思われがちですが、男の人も立身出世の為なら、いろいろなハードルを越えると思います。大勝負するようなことでなくても、とても小さなことでも、ちょっとした立身出世のためならなんでもするのが男の人だと思います。
逆に多くの女の人って、好き嫌いで判断して、嫌いだと顔を合わせない、みたいな幼稚な行動をとりがちなのですが、男の人は、自分に有利になりそうな人には、その人のことを好きか嫌いかなんていう感情や判断基準は全く持ち込まずに、近づいて、ごまごまゴマゴマできます。
[スポンサーリンク]

ちょっと話が飛びますけれど、テラスハウスのショーンがつばさと付き合ったのは、カップルになることにによって、番組での露出が増えたり、番組終了後のイベントでカップルで呼ばれる仕事がもらえたりと、ビジネスで絶対的に有利だからだといわれていますよね。ビジネス恋愛というか。
本当の真実のところは、世界中でショーンたった1人しか、ショーンの本心はわからないですし、もしかしたら、ショーン自身も、わからないかもしれません。それに、そんなことはわからなくていいし、わかる必要もないかもしれません。ただ、とても多くの視聴者が、テラスハウスという恋愛リアリティーショーという位置づけの番組を見ながら、ショーンがビジネス恋愛をしていると感じていました。テラスハウスでの恋愛に至るまでの流れもそうだし、卒業後にきっかり1年ちょうど付き合っている体裁でありながら、でも、実際はその間は2人で会ったのはたった1回だけということで。1年経過後、あっさり別れてしまいました。
その前のハワイ編では、エビアンと澁澤さんが、ちょっと澁澤さんに打算を感じてしまいました。エビアンは、本気に恋愛してノリノリで、冷めた態度の澁澤さんにI'm your Cinderella princess!と叫んでいて、その時寒い空気でスタジオもし~んとしてしまいました。
間もなく新テラスハウス東京編が始まるそうです。Netflixでは2019年5月中旬から配信、地上波では6月から配信されるそうです。
湘南編のテラスハウスが一番リアルで、恋愛と自己成長や友情ストーリーがミックスされて、出演者も素敵な人が多くてよかったとの声が多いテラスハウスです。だんだんと続編が出るにつれて、テラスハウスが「卒業後の芸能活動へのステップ的な位置づけ」と確立されてきて、出演者さんも、なんとかカップルになりたいと思う人も多くなってくると思います。
軽井沢では、ショーンとつばさ、せいなさんとノア、ゆいとあいお、あと、オフィシャルな彼氏彼女でないけれどマヤとかいと、4組もカップルができました。東京編も楽しみですね。

ビジネス恋愛して、有名になることも、これからは、出世するための一つの手段ですね。

[スポンサーリンク]


共通テーマ:恋愛・結婚